あいむあらいぶ

東京の中堅Sierを退職して1年。美術展と人事労務系の記事が多め。

MENU

タイ展最高!仏像好き必見の本気すぎる最強展示が素晴らしかった!【展覧会感想・レビュー】

f:id:hisatsugu79:20170711231855j:plain
【2017年7月13日最終更新】

かるび(@karub_imalive)です。
日本は今、静かな仏像ブームと言われます。ここ数年、「仏像」をテーマにした展覧会は動員数も非常に好調。例えば、2009年に行われ約94万人を集めた「国宝 阿修羅展」は、なんとその年の展覧会で、1日あたりの入場者数で世界No.1を記録しました。(日本じゃなくて、世界ですよ?!)

去年も、東京国立博物館では6月に特別展「ほほえみの御仏―二つの半跏思惟像―」、9月に特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」が開催され、大人気コンテンツになっていました。

そして、今年も9月からはいよいよ大注目の「運慶展」が始まりますが、大変な人気になりそうな予感がします。

しかし!!!

その前に意外な伏兵がいたのです!!

それが、今回紹介する「タイ展」!

展覧会名だけ聞くと、なんだか「クール・ジャパン」的な感じで、タイ料理とかタイの観光地とかを紹介するような万博チックな響きがありますが、フタを空けてみるとそうではなかったんです!

展示品のほとんど全部が「仏教美術」に関する展示で、メインコンテンツは「仏像」だったんです!まさに仏像漬け、仏像まみれと言っていいほど、タイから大量の仏像たちがやってきてくれました!!

ということで、7月4日から、東京国立博物館で始まったタイ展(正式名称: 日タイ修好130周年記念特別展「タイ~仏の国の輝き~」)に行ってきました。

展覧会が始まって1週間。昨日、2回目の参拝訪問を済ませてきましたので、ここで満を持して感想エントリを書いてみたいと思います!

※本エントリで使用している会場写真は、あらかじめ主催者の許可を得て撮影したものとなります。ご了承下さい。

続きを読む

【展覧会感想】2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」特別展 戦国!井伊直虎から直政へ

f:id:hisatsugu79:20170710232911j:plain

かるび(@karub_imalive)です。 
江戸東京博物館では、毎年春から夏にかけて、その年の大河ドラマにちなんだテーマの展覧会が行われるのが通例となっています。毎年、大河ドラマ展を楽しみにしている常連さんも多いのではないでしょうか?

2017年は例年になく遅く、7月4日スタートとなりましたが、やはり「おんな城主 直虎」にちなんだ 特別展 戦国!井伊直虎から直政へ がいよいよ始まりました。

でも、待ちに待っただけのことはありました!今回は「戦国時代」がテーマなので、ドラマファンだけでなく、アートファン、戦国時代ファン、刀剣・甲冑マニアまで幅広く楽しめる展覧会になっています。
ラッキーなことに、柴咲コウさんもかけつけたプレス内覧会の様子を取材することができました。今回は、写真入りで感想レビューを書いてみたいと思います。

※なお、本件で使用した写真は、あらかじめ主催者の許可を得て撮影したものとなります。何卒ご了承下さい。

続きを読む

前衛書道ヤバい!「書だ!石川九楊展」が想像以上の奔放さだった!【展覧会感想・レビュー】

f:id:hisatsugu79:20170709191416j:plain
【2017年7月11日更新】

かるび(@karub_imalive)です。 
7月5日から上野の森美術館で始まった「書だ!石川九楊展」に行ってきました。最近、アート以外に建築やデザインなども手を出していたのですが、書道展に行くのは初めてです。

書道といっても、普通のお稽古事の発表会的なグループ展ではなくて、今回行った展覧会はいわゆる「前衛書道」というジャンルで活躍する第一人者の個展。いわゆる「草書」や「篆書」「行書」といった、アマチュア愛好家が先生に習って上手さを競うコンテストではなく、書家の個性が前面に出た、フリースタイル書道的な感じですね。

不勉強なことに、石川九楊氏のことは全く知らなかったのですが、今回、あるご縁で内覧会へとご招待頂いたので、「なんか面白そう!」ということで行ってきました。

しかしこれが、ハンパない衝撃を受けたんですよね。今年もこれまで美術展を色々回ってきましたが、受けたインパクトは間違いなく今年No.1!!

僕の中で、「書道とは何か」という定義がガラガラと崩れ落ちていきました(笑)

まだ全然ちゃんと理解できているわけではないのですが、会期も短いですし、早速感想を書いてみたいと思います!

※本エントリにて撮影した写真は、内覧会にてあらかじめ主催者の許可を得て撮影したものとなります。

続きを読む

【ネタバレ有】「ジョンウィック チャプター2」 感想・レビューとあらすじ徹底解説!/パワーアップした痛快ガン・アクション映画第2弾!

f:id:hisatsugu79:20170706181416j:plain

かるび(@karub_imalive)です。

7月7日に公開された新作「ジョン・ウィック :チャプター2」を見てきました。一度は引退したスゴ腕の殺し屋が、妻の形見の犬を殺されたことをきっかけに現役へと復帰した前作。

再び簡単には引退できるわけがないのが殺し屋の世界・・・ということで、続編へと繋がったストーリー。今作は、舞台をヨーロッパに移してスケールアップしていました。

早速ですが、映画を見てきた感想やレビュー、あらすじ等の詳しい解説を書いてみたいと思います。
※本エントリは、ほぼ全編にわたってストーリー核心部分にかかわるネタバレ記述が含まれますので、何卒ご了承ください。できれば、映画鑑賞後にご覧頂ければ幸いです。

続きを読む

【ネタバレ有】「パイレーツオブカリビアン5最後の海賊」 感想・レビューとあらすじ徹底解説!/夏休みの本命映画!豪華映像と軽快なアクションが最高でした

f:id:hisatsugu79:20170630005514j:plain
【2017年7月8日最終更新】

かるび(@karub_imalive)です。
7月1日に封切られた「パイレーツオブカリビアン5 最後の海賊」(通称”パイカリ5”)を見てきました。これまで4作品で全世界3700億ドルの興収を上げている超ビッグタイトル。5作目は、日本では夏休みに合わせての公開となりました!

早速ですが、映画を見てきた感想やレビュー、あらすじ等の詳しい解説を書いてみたいと思います。
※本エントリは、ほぼ全編にわたってストーリー核心部分にかかわるネタバレ記述が含まれますので、何卒ご了承ください。できれば、映画鑑賞後にご覧頂ければ幸いです。

続きを読む

【ネタバレ有】映画「忍びの国」感想・レビューとあらすじ徹底解説!/現代的な感覚でコミカルに描かれた痛快忍者映画!

f:id:hisatsugu79:20170702162451j:plain
【2017年7月7日更新】

かるび(@karub_imalive)です。
7月1日に封切られた夏休みの邦画時代劇第1弾「忍びの国」を見てきました。「のぼうの城」「村上海賊の娘」など、今や時代劇小説でベストセラーを連発する売れっ子小説家、和田竜の原作を忠実に映像化した忍者映画です。

早速ですが、映画を見てきた感想やレビュー、あらすじ等の詳しい解説を書いてみたいと思います。
※本エントリは、ほぼ全編にわたってストーリー核心部分にかかわるネタバレ記述が含まれますので、何卒ご了承ください。できれば、映画鑑賞後にご覧頂ければ幸いです。

続きを読む

【ネタバレ有】映画「兄に愛されすぎて困ってます(兄こま)」 感想・レビューとあらすじ徹底解説/予想外に楽しめたコメディ作品!

f:id:hisatsugu79:20170629230546j:plain

かるび(@karub_imalive)です。

6月30日に封切られた映画「兄に愛されすぎて困ってます」を見てきました。同名で現在Sho-Comiで連載中の人気漫画(通称「兄こま」)を実写映画化した作品です。

映画公開前に、TVの深夜番組帯で映画の前日譚(プロローグ)が全5回で放送されましたが、非常にコミックテイストで軽妙なタッチが楽しいドラマです。ドラマの振り切ったテンションをそのまま映画化されてるといいな、と楽しみにしていました。

早速ですが、映画を見てきた感想やレビュー、あらすじ等の詳しい解説を書いてみたいと思います。
※本エントリは、ほぼ全編にわたってストーリー核心部分にかかわるネタバレ記述が含まれますので、何卒ご了承ください。できれば、映画鑑賞後にご覧頂ければ幸いです。

続きを読む

【ネタバレ有】映画「いつまた君と 何日君再来」感想・レビューとあらすじ徹底解説!/家族愛に心打たれる実話ベースのホームドラマの傑作!

f:id:hisatsugu79:20170620231315j:plain
(C) 2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会

かるび(@karub_imalive)です。

6月24日に封切られた映画「いつまた、君と 何日君再来」を見てきました。今から2世代ほど上の、第二次世界大戦~戦後の激動の時代を生き抜いてきた家族のファミリーヒストリーを取り上げたヒューマンドラマです。

これが、予想に反して物凄く良い映画だったんです。有名人でもなく、どこにでもいるような一般人の昭和時代を切り取ったホームドラマの何が面白いんだろう、と、当初完全にノーマークだったんですが、試しに買ってみたノベライズ小説を読んで「これは・・・」と気が変わり、そして見てきてびっくり!良い作品でした!

「事実は小説より奇なり」とは良く言いますが、多少脚色されているにしても、終戦直後の芦村家の過酷な生活と、そこで育まれたお互いを思いやる家族愛の強さに強いドラマ性を感じました。

早速ですが、映画を見てきた感想やレビュー、あらすじ等の詳しい解説を書いてみたいと思います。
※本エントリは、ほぼ全編にわたってストーリー核心部分にかかわるネタバレ記述が含まれますので、何卒ご了承ください。できれば、映画鑑賞後にご覧頂ければ幸いです。

続きを読む

【ネタバレ有】映画「ハクソーリッジ」感想・レビューとあらすじ徹底解説!/メル・ギブソン監督の才能が炸裂した傑作!

f:id:hisatsugu79:20170624171755j:plain
(C)Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

かるび(@karub_imalive)です。

6月24日に封切られたメル・ギブソン監督の新作「ハクソーリッジ」を見てきました。今作も痛々しくリアルな残虐描写が炸裂!そして、悲惨で血みどろの戦場になればなるほど、それと対比的に主人公の心の強さや勇気が浮き上がる演出はさすがでした!

早速ですが、映画を見てきた感想やレビュー、あらすじ等の詳しい解説を書いてみたいと思います。
※本エントリは、ほぼ全編にわたってストーリー核心部分にかかわるネタバレ記述が含まれますので、何卒ご了承ください。できれば、映画鑑賞後にご覧頂ければ幸いです。

続きを読む

感想:アルチンボルド展/天才的なだまし絵のセンスが凄すぎる名画は必見でした!

f:id:hisatsugu79:20170621112456j:plain

かるび(@karub_imalive)です。 

野菜や動物を組み合わせ、人間の上半身を天才的なセンスで描き出した元祖「寄せ絵」の名人アルチンボルド。いわゆる「だまし絵」の特集本・雑誌などで必ずその作品が取り上げられる、一連の男性の奇妙な肖像画を描いた画家です。

絵は超メジャーなのに、作家名自体はあまり知られていない。そんな不思議な画家、アルチンボルドの日本で初めての大規模回顧展が始まりました。しかも、代表作の「四季」と「四大元素」連作シリーズがすべて揃うという奇跡!

初日に見に行ってきたのですが、想像したよりも素晴らしく、また楽しい展覧会でした。早速ですが、以下感想・レビューを書いてみたいと思います。

※なお、本エントリにおいて、使用されている写真画像のうち、「引用元」を記載していない画像は、予め主催者の許可を得て会場内を撮影したものとなります。何卒ご了承ください。

続きを読む