読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいむあらいぶ

東京の中堅Sierを退職して3ヶ月。無職または専業主夫で、ブログ書いてます。美術展と人事労務系の記事が多め。

MENU

【混雑注意】「もうひとつのスター・ウォーズ展」は、アートで楽しむローグワン特集でした!

スポンサーリンク

【2016年12月27日更新】
かるび(@karub_imalive)です。

f:id:hisatsugu79:20161224173301j:plain

スター・ウォーズのサイドストーリー第一弾「ローグ・ワン」が12月23日に公開されました。昨年末「フォースの覚醒」も12月公開でしたし、「スター・ウォーズ エピソード8」も2017年末の封切りが決定しているので、しばらくスター・ウォーズは年末の風物詩になるかもしれませんね。

映画「ローグワン」のレビュー記事(※ネタバレ含)はこちらから。

さて、そんな映画「ローグワン」の公開を記念して、短期間ではありますが、12月23日~12月29日まで汐留で「もうひとつのスター・ウォーズ展」が開催されています。

好評であれば、おそらく年明けから大阪や名古屋など、各都市の百貨店等のイベントスペースに巡回する可能性があります。映画を見て非常に気に入ったので、どんなものなのか見に行ってみました。早速、簡単ではありますが以下感想を書いてみたいと思います。

1.混雑状況(かなりの混雑を覚悟してください!)

僕が行ってきたのは、2日目の12月24日午後12時30分。人気映画の封切り直後であったこと、冬休み期間中の土曜日だったことから、混雑は覚悟していました。そして、予想通りやっぱり混んでいました。

まず、会場の外で入場待ちとなります。開場が狭いので、一気に人を入れずに、少しずつ展示会場内の人数を見ながら入れているためです。並んでいる間に、展示会場外に展示された「スター・ウォーズの歴史」パネルやポスターなどを楽しみながら待てるようになっています。

f:id:hisatsugu79:20161224174954j:plain

さらに、奥の方にはイベントスペースと、VR体験コーナーがありました。

イベントスペースでは、ダース・ベイダーやストームトルーパーの撮影会が実施されており、事前の整理券入手が必要でした。

f:id:hisatsugu79:20161224174817j:plain

そして、イベントスペースでは、完全予約制で子供向けにライトセーバーを使った殺陣を体験できる「ジェダイ・アカデミー」も行われていました。(こちらは、整理券配布は全て終了)

ジェダイ・アカデミーの様子は、Youtubeで良い感じの動画が上がっていたのでこちらをご覧ください。

何気に、自分の子供を撮影する親御さんの鬼気迫るビデオ回し風景が微笑ましいです(笑)こういうところでダース・ベイダーと剣を交えた子どもたちは、将来筋金入りのスター・ウォーズファンになるんでしょうね。

また、実際にスター・ウォーズの空戦を楽しめるVRコーナーは、一旦会場出口から出て、別の列に並び直す必要がありました。そこでの待ち時間は、12月24日午後13時時点で80分!大混雑です・・・。

f:id:hisatsugu79:20161224173349j:plain

アカン、無理や、、、ということで、撮影会とVRは諦め、他のコーナーを思い切り楽しむことにしました。

2.「もうひとつのスター・ウォーズ展」とは

「スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』を記念して、作品世界を体感できるような展示会を開催する」として、スター・ウォーズシリーズの中でも、特に、映画「ローグワン」に関係するアイテムが展示されていました。

スポンサーリンク

 

3.何が展示されているの?

では、早速入り口から順番に見ていきたいと思います。

f:id:hisatsugu79:20161224175046j:plainf:id:hisatsugu79:20161224175123j:plain

入り口をすぐ入ると、まず通路に「デス・トルーパー」10体の等身大フィギュアがどどーんとお迎えしてくれます。「デス・トルーパー」は、映画「ローグワン」だけで出て来る、銀河帝国将校オーソン・クレニック専属のボディガードも兼任するエリート将兵で、全身黒スーツで身を包んでいます。

次の部屋に行ってみましょう。ここでの目玉は展示は3つあります。

f:id:hisatsugu79:20161224175230j:plain

f:id:hisatsugu79:20161224175230j:plain

まず、恐竜を思わせる巨大な対地上戦闘用兵器「AT-ACT」のダンボールアートです。惑星スカリフのビーチでの戦闘シーンを思い出させる、精巧な作りにびっくりしました。パッと見て、ダンボールとはとても思えません。

そして、次に、日本画家、柏原晋平氏によるローグワン特製の襖絵!アートファンとしては、これが一番見たかった!

f:id:hisatsugu79:20161224175859j:plain

丸丸氏が、12月中旬に実施されたジャパンプレミアイベントのために描いた、世界に一つしか無い襖絵です。真ん中に「黒く」描かれた月に見立てたデススターを真ん中に、富士山、桜を配した日本画の王道的モチーフの中に、登場人物が描かれています。

左側が帝国軍、右側が「ローグワン」メンバーですね。

帝国軍メンバー
f:id:hisatsugu79:20161224180203j:plain

富士山の山麓に佇むダース・ベイダーが奥ゆかしくて素晴らしい!

ジンとキャシアン
f:id:hisatsugu79:20161224180220j:plain

結構顔や服装も似てますよね?

来日時に俳優たちが残したサインf:id:hisatsugu79:20161224180525j:plain

そして、フェリシティ・ジョーンズら、主人公たちのサインも襖絵にありますよ。(できればアートファンとしてはサインは辞めてほしかったが・・・/笑)

なお、このローグワン・襖絵については、柏原晋平氏のHPで製作シーンを見ることが出来ますよ。

ローグワン襖絵の製作シーン
http://information.kashiharashinpei.com/

つぎに、ストームトルーパーのヘルメットを使ったアート、その名も題して「ストーム・トルーパー・アート」が10点展示されています。半分以上は芸能人の手によるものでしたが、篠原ともえの作品など、なかなか手のかかった個性的な作品は、見応えがありました。

f:id:hisatsugu79:20161224180805j:plainf:id:hisatsugu79:20161224180814j:plainf:id:hisatsugu79:20161224180829j:plain

個人的には、一番気に入った篠原ともえの力作。凄い描き込みです。

f:id:hisatsugu79:20161224181059j:plain

次の部屋に行くと、実際に映画「ローグワン」で使用された、主人公たちの衣装5体と、新登場のドロイドK-2SOが展示されています。

左から、「K-2SO/ジン/キャシアン」f:id:hisatsugu79:20161224180913j:plain

左から「ボーディー/チアルート/ベイズ」f:id:hisatsugu79:20161224180920j:plain

主人公のジン・アーソを演じたフェリシティー・ジョーンズは、欧米人にしてはかなり小柄の157cmなんですよね。衣装の小ささを見て、実感しました。

また、東洋人コンビのチアルート棒術で使う杖やベイズが背中に背負っていたがアイテムなども合わせて置かれており、ファンにはたまらない実物展示となりました。

チアルートの棒術用「杖」f:id:hisatsugu79:20161224181353j:plain

ベイズが背中に背負っていたタンクf:id:hisatsugu79:20161224181442j:plain

また、よく見ると、K-2SOは使用感を出すために近くで見ると結構汚れているんですよね。芸の細かさを感じました。

f:id:hisatsugu79:20161224182532j:plain

スポンサーリンク

 

そして、メイン展示室の最後が、80分待ちのVRコーナー。

f:id:hisatsugu79:20161224181932j:plain

こんな感じで、専用コーナーに座って、VR用ゴーグルをかけて反乱軍のX-ウイング体験ができます。一度に3人までしか体験できないので、これは並ぶわけですね。一旦外に出て並びます。

f:id:hisatsugu79:20161224182720j:plain

イベント用スペースでは、ちょうどストームトルーパーとダース・ベイダーの撮影会が行われていました。宣揚入り口の前のお姉さんに聞いたら、整理券が必要とのこと。遠巻きに会場の様子を撮影しておきました。(見えにくいけど、前の方にダース・ベイダー達がいました)

f:id:hisatsugu79:20161224182030j:plain

そして、出口を出ると、物販コーナーが。いろいろなものがありましたが、僕は、記念にローグワン初心者向け解説本「STAR WARSプライマーブック」を購入して帰りました。(※一緒に移っているポストカードは全員入り口で記念品としてもらえます!)

f:id:hisatsugu79:20161224173505j:plain

文房具・ライトセイバー・マグカップ・フィギュア・トミカシリーズ・カレンダー・年賀状キット・アートブック・DVD類など、あらゆるものが置かれていました。開催2日目にもかかわらず、結構売り切れているグッズもあり、スター・ウォーズシリーズの人気の高さを実感しました。

ライトセイバーAmazonで見るf:id:hisatsugu79:20161224173639j:plain

トミカシリーズAmazonで見る
f:id:hisatsugu79:20161224173520j:plain

サウンドドロイドAmazonで見るf:id:hisatsugu79:20161224173623j:plain

デストルーパーフィギュアAmazonで見るf:id:hisatsugu79:20161224173531j:plain

展覧会に行けない人のために、Amazon楽天の特設コーナーが開設されていますので、特設ページへのリンクを置いておきますね。

楽天・Amazonの特設通販サイト 
Amazon「スター・ウォーズ特設コーナー」
楽天「スター・ウォーズ特設コーナー」

4.まとめ

「もうひとつのスター・ウォーズ展」は、12月29日までの東京限定開催ですが、冒頭にも書いた通り、これから日本全国へ巡回する可能性もあると思います。年末29日までに来れなくても、ひょっとしたらまた年明けにどこかで見れるかもしれませんね。

年末の慌ただしい中ではありますが、ファンには非常に楽しい展覧会となりました。入場無料ですし、スター・ウォーズファンなら、チェックして損なしのうれしい展示ですよ!おすすめです!

展覧会開催情報

「もうひとつのスター・ウォーズ展」

◯展覧会会場
汐留・日本テレビ 2階日テレホール(MAP)
◯期間・開催時間
12月23日(金)~12月29日(木)

各日11時00分~20時00分
◯公式サイト
http://www.ntv.co.jp/rogueone/