あいむあらいぶ

東京の中堅Sierを退職して1年。美術展と人事労務系の記事が多め。

MENU

ブログは大好きなんだけど、書き出すまでにうだうだしてしまう優柔不断なくせをなんとかしたい

スポンサーリンク

かるび(@karub_imalive)です。

最近長大エントリばっかりなので、今日は日記のような記事を短くアップしますね。

会社をやめて2ヶ月目に突入しました。退職してから、予定通り、毎日図書館や美術館、博物館、落語会などに通いながら、主夫業にも精を出す毎日です。仕事してる時よりなんか忙しいぞ(笑)

そして、このブログ。サバティカル期間中に見聞きしたことは、極力ブログでアウトプットしよう!と決めました。逐一こういったパブリックの場にアップすることにより、学びの定着を図りたいという思いがあるからです。

 

でも、これが、なかなか筆が進まないんですよね。目下、それが悩みであります。

 

ブログでのアウトプットを、ムリやり擬似的な「仕事」とみなすと、セミリタイア生活下での唯一の仕事はブログを書くくらいのものなんですが、この2ヶ月でアップできた記事はわずかに20件程度。す、すくない・・・。会社辞める前とペース変わってないじゃないか・・・OTL

ブログ書くのすきなのに、なぜか取り掛かれないという。

そこで、なんで筆が進まないか振り返ってみました。

その最大の理由は、記事を書き終わるのに時間がかかるから。僕の場合、ブログを書き出すと1エントリ書き終わるのに平均5時間はかかっているんですよね。字数も平均して4500字くらいはあるから、遅筆な僕にはどうしてもそれくらい必要なわけで。

ちょっと前に新聞記事とはてなブックマークについて調査した記事を書いた時は、きちんと計ってはいないけど、少なくても10時間以上はかかっているという。。。

それがわかっているので、ブログ書きたいのに、大変そうなので取り組むのが億劫になってしまって、なかなか机に向かえないというこのもやもや感。

ブログなんて日記みたいに書けばいいじゃんっていうのはわかるんですが、書き終わったら、日記レベルじゃなくなってるんです。

なんでしょう、こんな感じの思考回路ができちゃってるんですよ。

できるだけ読まれるようないい記事を書かなきゃ →→→ じゃあ内容を充実させよう →→→ いっぱい調べ物しなきゃ →→→ 字数ももりもり書かなきゃ

みたいな感じで、書き終わった記事も大盛りになっているんですよね。人事タックル様から頂いた寄稿依頼も、2000字~3000字くらいで、って言われてるのに、できあがったら5000字超えてたりするし(苦笑)

現役で仕事してる時も、そういえば社長や専務から「お前は文章が長い」とよく言われてました。多分、同じような思考回路に陥っていたんだろうと思います。

で、書く前から長くなりそうなのがなんとなくわかっているから、どうしても筆が進まなくなって、書き出すまで余計に時間がかかっちゃう。この2ヶ月で、わりとトレンド記事に近い時事ネタをいくつか構想としてはあたためていたんですが、こんな感じでぐずぐずしてて、アップしないままお蔵入りになったのがいくつもありました。

でも、一旦書き出すと、そこそこ頭が徐々に回転しだして、書きながら書きたいことが頭に思い浮かぶので、1度に2時間程度は集中して作業できるのです。気がついたら昼飯も食べず、洗濯ものも取り込まずブログだけ書いていて日が傾いている・・・みたいな。

それで、1エントリ書き上がってから、なんだこんなことだったらもっと早くから書き出せばよかった。ぐずぐずしなきゃよかったな。と一通り後悔する。毎日が、子どもの夏休みの最終日みたいな感じになっております。

会社やめるかどうか迷いだしてから、8年も決断できずうだうだしたので、それに比べたらまだマシなのですが、この、何事にもとりかかるのが遅くてダラダラする癖、なんとかしたいものだなぁ、と特に最近思う今日このごろです。

ほんとこれ、どうしたらいいんでしょうね?
幸い、時間もあるみたいなので、これを機にもうちょっと考えてみたいと思います。

それではまた。
かるび

PS
短くと言ったのに1500字超えてた(T_T)。そして、次回エントリからまたいつもの長大エントリに戻ります(笑)