読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいむあらいぶ

東京の中堅Sierを退職して3ヶ月。無職または専業主夫で、ブログ書いてます。美術展と人事労務系の記事が多め。

【ネタバレ・感想】「大爆死」!?ジブリ新作「レッドタートル」はアートな無声映画でした【あらすじ・結末も】

映画

かるび(@karub_imalive)です。

9月17日に封切りとなったスタジオジブリ2年ぶりの新作映画「レッドタートル ある島の物語」に行ってきました。

f:id:hisatsugu79:20160925021703j:plain

なんと初週は「ジブリ」ブランドであるにも関わらず観客動員数でランク外となるまさかの展開。あるネット記事では、「大爆死」と書かれてしまう始末。

9月22日の週は、「君の名は。」がV4達成、さらにNo.2には「聲の形」がランクインするなどアニメ映画が絶好調となる中、迷走気味(に見える)スタジオジブリの今の状況を象徴しているようでした。

個人的には、この作品は、予告動画などを見る限り、実験的ではあるけれど悪くはないんじゃないかなぁと思っていました。どんなものなのか実際にみてみようかな?ということで、早速行ってきました。以下、感想を書いてみたいと思います。

なお、本感想エントリには、後半でのあらすじや考察で「ネタバレ」部分があります。映画館にこれから行かれる方は、ご注意下さいませ。

続きを読む

元採用担当としては、大学を辞めて起業するのは悪くない選択肢だと思うのです。

キャリア

かるび(@karub_imalive)です。

さて、18歳で大学を辞めて起業する!と高らかに宣言して、燃えちゃった学生ブロガーの石田祐希さん。元エントリがアップされてから1週間が経過し、完全に周回遅れな感じですが、ようやく感想がまとまりました。

一言「元人事・採用担当」の目線で、触れておこうかなと思います。

続きを読む

仏像好き必見!すごい十一面観音像が上野に来た!~「特別展 平安の秘仏-滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」の感想~

かるび(@karub_imalive)です。

僕は、実家が京都南部(=ほとんど奈良)なので、東大寺・興福寺をはじめ、仏像やお寺は今までにもさんざん日常的に見てきています。美術展に本腰を入れて回るようになってからも、わざわざ東京で何時間も並んで阿修羅像とか見なくても、別に奈良でみたらいいやん、、、と仏像系の展示はそんなに乗り気ではありませんでした。

f:id:hisatsugu79:20160920132610j:plain

ところが、9月13日から東京国立博物館で公開が始まった、滋賀県甲賀市の櫟野寺をフィーチャーした「特別展 平安の秘仏」展。「らくやじ?どこやねんそれ、知らんけど、まぁ軽く見ておくか」みたいな感じで入室したのですが、これが予想外に良かった!

入室してすぐ、部屋の正面に鎮座する十一面観音像の大きさと存在感に、しばらく言葉を失ってしまいました。「これはすごい・・・ブログに書かねば」と反射的にメモを取りだして戦闘モードに(笑)

今日は、このトーハクの「特別展 平安の秘仏-滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」について、少し書いてみたいと思います。

続きを読む

映画『聲の形』のネタバレ解説!~あらすじ・結末・評価・マンガ原作との違いなども!~

映画

【2016年9月25日更新】

かるび(@karub_imalive)です。

「君の名は。」で盛り上がる中、9月17日から封切りとなった映画「聲の形」(こえのかたち)。週刊少年マガジンでの、原作マンガの週刊連載時から、その優れたストーリー性と赤裸々な感情描写で話題でしたね。

f:id:hisatsugu79:20160917003754p:plain

僕も、リアルタイムで連載を読み、その後大今良時さんの過去作「マルドゥック・スクランブル」も後追いで読んだくらい一時期ハマったことがあったので、今回上映が決まったときから楽しみにしていました。

今日は、初日見てきた感想を中心に少し書いてみたいと思います。

※本エントリでは、映画のあらすじや感想、伏線、結末などを書いていますが、ネタバレを含みます。ネタバレ部分を読みたくない方のために、ネタバレ有りの部分は明示しています。

続きを読む

「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」展、ガラガラだけど渋い展示が面白かった。みんな行こうよ?!

美術・芸術

かるび(@karub_imalive)です。

9月13日から江戸東京博物館にて開幕した企画展「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」展に行ってきました。

f:id:hisatsugu79:20160914011052j:plain

なんとなく中途半端な感じのテーマに思えたので、動員は厳しそうだなぁと考えながら中に入ったら、初日なのに大丈夫なのこれ?って思うくらいガラガラでした。予想の斜め上を行く閑散ぶり。

おかげで、たっぷり楽しめましたし、内容も全然悪くなかった。ちょうど歴史マニアと美術マニアの両方が楽しめるような内容となっていて、訴求できる客層はむしろ結構広めだなという印象。ガラガラにしておくのはもったいない!と思いました。

今日は、この「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」展について、少し感想を書いてみたいと思います。

続きを読む

小学校の授業参観。親であれば必ず参加すべきだと強く思った4つの理由

子育て・教育

かるび(@karub_imalive)です。

僕には小学校1年生の息子が一人います。

先日、秋の学校公開に妻と手分けして行ってきたのですが、終わってから妻と参加しての感想を話し合って強く実感したのが、「小学校の授業参観は、必ず出ておくべきだな。(特に1年生)」ということ。今日は、なぜそう思ったのかを少し書いてみたいと思います。

続きを読む

大混雑のこち亀展!連載40年の想いの詰まったファン必見の展覧会でした!

映画

【2016年9月20日更新】

かるび(@karub_imalive)です。

先日、連載40周年を迎え、コミック200巻を達成した「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、満を持して連載終了となるアナウンスがありました。それと同時に発表されたのが、この「こち亀展」の開催。東京を皮切りに、全国へ巡回予定とのことです。今日、9月14日が東京展の初日でしたので、混雑必至を覚悟の上、朝から行ってきた感想レポートを書いてみたいと思います。

続きを読む