読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいむあらいぶ

東京の中堅Sierを退職して3ヶ月。無職または専業主夫で、ブログ書いてます。美術展と人事労務系の記事が多め。

MENU

冬休み映画「妖怪ウォッチ」に行ってきました。7時間待ちを食らったよ!!(ネタバレなし)

映画感想
スポンサーリンク

f:id:hisatsugu79:20151222002046p:plain

*1

かるび(@karub_imalive)です。

今週の日曜日、子供にせがまれて、急遽封切り2日目に、冬のお正月映画「妖怪ウォッチ」を見てきました。今日はその感想を少し書いてみたいと思います。

f:id:hisatsugu79:20151222182741j:plain

いや~、しかし人が多かった。

・・・

・・・

・・・

だれだ、妖怪ウォッチはもうオワコンとか言ったのは!

はい、完全に油断してました。

今回、前売り券を買う前に、ネットで上記のような記事もあったので、割と「まぁ朝イチで行けば、日曜日だしみんなまだ寝てるから余裕で座れるよね?」ってな感じで安心してたんです。

なのに・・・入場で7時間待たされるハメになるとは。

ということで、行ったのは封切り2日目の日曜日。地元江東区の「アーバンドック・ららぽーと豊洲」の「ユナイテッド・シネマ」です。いわゆるショッピングモールのシネコンですね。都心らしく、富裕層が一杯買い物に来ます。 

f:id:hisatsugu79:20151222181917p:plain

通常の映画なら、封切り2日目でも普通に座れるものです。が、昨年興収70億を荒稼ぎしたヒット作の第2弾なので、少しそこは勝手が違っていました。

混みすぎで一旦帰宅しました

f:id:hisatsugu79:20151222182658j:plain

朝一の上映が10時50分からだったので、10時30分頃にららぽーとへマイカーで到着。余裕で前売り券をチケットと引き換えて、映画見終わったらそのままららぽーとで昼飯でも食べて帰るか、、、なんて余裕ぶっこいてたら、なんと、、、

最速で、その4回後の17時50分スタート分しか引き換えできませんでした。

そうか、みんなネットで自宅とかスマホから座席確保してたんだ!!

やられたー。

ということで、そのままららぽーとで消耗してるのもなんですので、1回自宅に帰って、17時過ぎに再度車で出動する羽目になりました。

再度出動

そして気を取り直して再度ユナイテッド・シネマへ。一番大きい2Dの10番スクリーンんへ誘導されましたが、意外にも意外、17時50分の回は結構座席がスカスカして空いてました。それまでの回は満員御礼なのに、これ如何に?

回りを見ると、なんとなくぴんときました。要するに、次の日仕事があるからですね。周りは100%親子連れでの映画鑑賞のようです。日曜日は夕方以降、ショッピングモールの駐車場が急に空いていきますが、それはシネコンも同様ということですね。みんな次の日の出勤に備えて、早めに帰宅ですか。日本人の真面目さを垣間見ました。この社畜たちめ

実は妖怪ウォッチを真面目に見たのは初めてでした

実は、以前から、子供を朝起こすときに便利なので、Amazonプライムビデオなんかでアニメを使ってはいましたが、アニメの内容はサッパリわかりませんでした。

えーと、メダルみたいな丸いのを腕時計に入れたら、仲間の妖怪が悪い妖怪を退治するストーリー?で、主人公のけいたくんとジバニャン、ウィスパーぐらいははわかるけど、あとは??みたいな。

よって、事前知識なしで、ほぼ初めて真面目に見ることになったわけです。正直、子供のアニメだからたいしたことないだろう、、、と思っていましたが。

・・・

・・・

・・・

いや、結構、面白いじゃないですか?

友達の絆や家族愛でベタベタに泣かせるオムニバスストーリーと、何かとオマージュネタを多用し、敢えて大人世代にツッコミ所を与えて楽しませようとする仕掛けなど、普通に100分間楽しめてしまいました!

ネットで事前に告知されているように、今回の映画は、互いに少しずつストーリーの筋がつながっている5つのオムニバス短編。

途中で15分のトイレ休憩が入る「しまじろう」とは違い、最後までノンストップです。子供がおもらししなくて本当に良かった。(いや、ちょっとしてたかな・・・)

オムニバスストーリーの最初の4つはハートウォーミングな家族愛、友情などの王道のテーマです。恋愛ネタがあまり使えない子供アニメの定番でしょうか。いや、実際泣けました。泣けるシーンでは、そこら中ですすり声聞こえてたし(大人の)。

所詮子供向けのアニメとたかをくくっていましたが、映像や音響のいい映画館ならではなのか、ぐっときました。メガネを直すふりして、涙を拭きました(笑)横で涙腺の弱い妻は4回ぐらい泣いていたと思います。

そして、5つ目のオムニバスストーリーでは、いわゆるボスキャラみたいなものとジバニャンたちの戦闘シーンもしっかりありました。どちらかというと、男の子向けアニメですからね。

まとめ

ということで、「しまじろう」に続き、「妖怪ウォッチ」もデビューしてきたのですが、なかなか面白かったです。土日で混雑を避けるなら、朝ではなく夜の回、特に18時以降がおすすめかもしれません。

Yahooのニュースにもありましたが、封切り週の土日に限って言えば、スターウォーズを超える動員だったようですね。

大人まで、そこらじゅうで忘年会の宴会芸に「よーでるよーでる ♪」とかやってて*2、紅白もジャックしていた2014年に比べると、表面的にはブームが沈静化して、やや落ち着いたとは思います。

でも、初日のこの現場の熱量を見ていると、こりゃまだまだヒットは続くんだろうなぁと感じました。是非、ポケモンに続くクールジャパンのコンテンツに育っていって欲しいものです。

それではまた。

かるび

PS 映画館のポップコーンってなんであんな高いんだ!!

*1:「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」(C)LMYWP 2015

*2:最初この曲聴いた時、パチンコの販促ソングだと思ってた